JavaScript(アクティブコンテンツ)が無効です。すべてのコンテンツにアクセスするには、ブラウザでJavaScriptを有効にしてください。

NI-DAQmx 9.3 Readme

NI-DAQmx 9.3 Readme

2011年2月

NI-DAQmxバージョン9.3をご利用いただきありがとうございます。このReadmeの主な内容は以下のとおりです。

NI-DAQmx 9.3で追加された新機能

NI-DAQmx 9.3では、以下の機能が追加されました。

重要なお知らせ: USB DAQデバイスおよびWIndows XP用Microsoft Hotfix

Windows XPにNI-DAQmxをインストールしてUSB DAQデバイスを使用する場合は、技術サポートデータベース(969238)に記載されているMicrosoft Hotfixをインストールすることをお勧めします。

解決された問題

NI-DAQmx 9.3では以下の問題が解決されました。

CAR ID Summary
106314 Shunt cal and offset null in a strain task do not work properly if a custom scale is selected
187820 NI USB-4431 may output stale data at the start of a task if the sample rate has changed from the last task's rate
206282 Starting an AO task on an NI USB-4431 causes a glitch on the channel
235725 The NI WLS-9163 may experience connection issues with international wireless routers
239962 Starting an acquisition using multiple NI 9219 devices takes 10-20 seconds
242484 Explicitly committing a task with events on a simulated cDAQ chassis can result in a system crash
242611 NI 9203 may return improperly scaled data with an NI 9174, 9178, or 9188 chassis when mixing bipolar and unipolar channels
245504 NI USB-4431 doesn't support DAQmxGetWriteTotalSampPerChanGenerated property
246579 DAQ Assistant hangs when creating a digital NI-DAQmx task from a LabVIEW Project
246651 Master Timebase cannot be shared between tasks in a cDAQ chassis
248436 Using the DAQ Assistant to calibrate a strain channel on the NI 9235/6 gives error -200077
249685 Scaled units for acceleration measurement type should support in/s^2
250609 NI-DAQmx Test Panels Are Taller Than 600 Pixels
251790 NI LabVIEW SignalExpress 2010 freezes when generating a calibration report
252395 Repeatedly creating, starting, stopping, and clearing AO tasks on an NI 4461 may cause it to output full scale noise
252811 Setting timeout to -1 can timeout with a Frequency Measurement DAQmx Global Virtual Channel
253284 NI USB-4431 AO tasks do not stop generating at task stop when "Allow Regeneration" and "Use Only Onboard Memory" are enabled
255249 NI USB-4431/32 inputs invert the polarity of out of range voltage signals
277095 Value of DAQmx Channels to Read property changes when you modify other NI-DAQmx properties
278121 NI WLS-9163 may become unresponsive during long-term use
278249 NI USB-4431 AO to AI synchronization may vary when the unit is power cycled
278838 NI USB-4431 may output data from previous tasks if continuous AO tasks are stopped and restarted
279016 NI USB X Series digital I/O lines glitch on Windows restart
280611 NI USB-4431 may not update the output for short finite output tasks
281238 In an NI 9172, on-demand digital output can tri-state other lines on the same NI 9401
282045 Error -200152 may be reported repeatedly for NI ENET-9163 or NI WLS-9163 devices
282383 C Series modules used with the NI WLS/ENET-9163 may return corrupted data in adverse network conditions

NI-DAQmxに関する注意事項

このセクションには、NI-DAQmx固有の既知の問題と注意事項が記載されています。

NI cDAQ-918xの構成におけるMicrosoft Silverlightの必要性

NI cDAQ-918xをNI Web-Based Monitoring and ConfigurationおよびMAXで構成する場合、Microsoft Silverlightが必要です。Silverlightは、microsoft.com/silverlightからダウンロードできます。NIソフトウェアでMicrosoft Silverlightを使用するにあたっての詳細情報を参照するには、ni.com/jp/infoでInfo CodeとしてSilverlightと入力してください。

パスにASCII文字以外のマルチバイト文字が含まれるとNI cDAQ-918xが正常に動作しない

NI-DAQmxをASCII文字以外のマルチバイト文字が含まれるパスにインストールすると、NI cDAQ-918xが正しく動作しない可能性があります。この問題は特に、韓国語、日本語、中国語版Windowsで発生します。NI-DAQmxのインストール先のパスに非ASCII文字が含まれている場合は、NI-DAQmxとその他のNIアプリケーション開発ソフトウェアをアンインストールして、非ASCII文字を含まないパスに再インストールしてください。

NI cDAQ-918xのウェブベースの構成はWindowsおよびMacintoshでのみ使用可能

NI cDAQ-918xは、Microsoft Silverlightが有効なウェブブラウザからホスト名またはIPアドレスを入力してアクセスすることで、ウェブベースの構成を行うことができます。これは、WindowsまたはMacintoshベースシステムでのみ実行できます。詳細については、それぞれのシャーシ関連ユーザガイドを参照してください。

NI-DAQmx 9.3でNI cDAQ-9188を使用する際のファームウェア更新の必要性

NI cDAQ-9188をNI-DAQmx 9.3で使用するためには、NI cDAQ-9188のファームウェアを更新する必要があります。ネットワークDAQデバイスのファームウェアファイルには、ni<モデル番号>fw.cfgという名前がつけられます(ni9188fw.cfgなど)。ファームウェアの最新バージョンは、NI-DAQmxメディアのFirmwareディレクトリ、またはni.com/support/ja/downloadで確認できます。

NI-DAQmxでネットワークDAQデバイスを使用する際のファームウェア更新の必要性

エラー-201340が発生する場合は、ネットワークDAQデバイスのファームウェアを更新する必要があります。ネットワークDAQデバイスのファームウェアファイルには、ni<モデル番号>fw.cfgという名前がつけられます(ni9188fw.cfgなど)。使用するNI-DAQmxのバージョンでサポートされるファームウェアのバージョンは、ni.com/jp/infoでInfo codeexkpztと入力して確認できます。NI-DAQmxをDVDからインストールした場合は、DVDのFirmwareディレクトリに互換性のあるバージョンが収録されています。

無効なデバイス名のロード時に返される新しいエラー

NI-DAQmx 9.3以降のバージョンで、無効なデバイス名は、エラー–200170(kErrorPhysicalChanDoesNotExist)ではなくエラー–200220(kErrorInvalidDeviceID)を返します。この変更は、新たに作成されるアプリケーションに影響を及ぼしませんが、特定のエラー番号(–200170)を探してアプリケーションがエラーチェックを行っている場合に既存のアプリケーションに影響を与える可能性があります。

NI USB-4431仕様の変更

NI USB-4431仕様が変更されました。AOオフセットは、高い不確定性レベルで指定されます。アナログ入力および出力においても、以前に指定したゲインよりも不確定性が高くなります。特に、40 kHz未満のサンプルレートにより、確度が低下します。『NI USB-443x Specifications』の最新バージョンには、これらの変更が反映されています。また、別のドキュメント『Notice of Specification Change - USB 4431』にも、これらの変更の詳細が記載されています。

LabVIEWでシングルポイントの読み取りと書き込みを中止する

シングルポイントの読み取りおよび書き込みは、LabVIEWの実行を中断ボタンに反応しません。

MAX歪みタスクを構成する

MAX歪みタスクは端子構成の構成をサポートしません。デフォルトでは、 MAXの構成は差動です。NI SC-2043-SGについては、端子構成はNRSEです。構成の問題を回避するには、NI-DAQmx APIでタスクを作成します。

DAQアシスタントでの最大チャンネル数

DAQアシスタントで作成したタスクには、最大4096個のチャンネルを含めることができます。

NI DAQCard-6715 アナログ出力

ハードウェアタイミングのシングルポイントモードおよびハードウェアタイミングの非バッファ型モードは使用できません。サンプルクロックおよび0のバッファサイズを設定した場合、またはサンプルクロックを設定したがタスクを開始するまで書き込みを開始しない場合、アプリケーションでハードウェアタイミングによる非バッファ型モードが使用されます。その他のすべての波形および静的アナログ出力モードは正常に機能します。

NI ENET/WLS-9215が予期せずタイムアウトになる

NI ENET/WLS-9215で、外部サンプルクロックまたは非常に低速なサンプルクロックを使用する連続タスクの実行中に予期しないタイムアウトが発生する場合があります。最新のサンプルが、次のサンプルクロックパルスが発生するまで得られない場合があります。タイムアウトを防止するためには、タイムアウト時間をサンプルクロックパルスの発生間隔よりも長くなるよう増やすか、集録するサンプル数を偶数にしてください。

NI-DAQmxイベント

NI-DAQmxイベントの中には、イベントの条件がシステムの処理能力より早く発生すると、発行されないものがあります。

NI 660xデバイスまたはNI 6624デバイスで集録されないサンプル

NI 660xまたはNI 6624のカウンタ0および1でパルス幅測定、半周期測定、バッファ型2エッジ間隔測定を実行すると、特定の環境において一部のサンプルが集録されない場合があります。

Microsoft Windows 7/Vista、Visual Studio C++、C#、Visual Basic .NET、ANSI Cサンプル

Microsoft Windows 7/Vistaで動作するアプリケーションの名前に「Setup」、「Update」、「Install」などの名前が含まれていると、そのアプリケーションの実行に管理者権限が必要となります。この問題を回避するためには、アプリケーションに、実行に必要な権限を指定するマニフェストを追加する必要があります。一部のNI-DAQmx ANSI C、Measurement Studio Visual C++、C#,、Visual Basic .NETサンプルには、これらのキーワードが含まれています。したがって、これらのアプリケーション開発環境のサンプルによっては、サンプル実行ファイルに埋め込む必要がある追加のマニフェストファイルがあります。

ANSI C、Measurement Studio Visual C++、C#、Visual Basic .NETでは、マニフェストファイルは[ExampleName].exe.manifestという名前が付けられます。ここで、[ExampleName]はNIが提供するサンプル名です。サンプルを埋め込む手順はプログラミング言語によって異なります。追加情報については、該当するサンプルが含まれるコメントを参照してください。

Visual Studio 2005のサンプルをコンパイルすると、manifest authoring warning 81010002: Unrecognized Element "requestedPrivileges" in namespace "urn:schemas-microsoft-com:asm.v3"という警告が発生することがあります。詳細については、Microsoftのフィードバックページを参照してください。この警告は、サンプルの実行に影響しないため、無視できます。この警告は、Visual Studio 2005のmt.exeのバージョンが原因で発生します。mt.exeは、追加のマニフェストをサンプル実行ファイルに埋め込むためのツールです。

重要: これらの操作をWindows XP Service Pack 2 (SP2)で行った場合、アプリケーション実行時にコンピュータを再起動する必要があることがあります。詳細については、マイクロソフトの技術サポートのエントリを参照してください。コンピュータの再起動を回避するには、Visual Studio 2005 SP1でアプリケーションのビルドを作成してください。

アップグレードに関する注意事項

このセクションでは、NI-DAQmxの機能の変更内容について説明します。

DAQmx読み書き遅延チェックのサポート停止

既存の「DAQmx読み書き遅延チェック」関数/VIはサポートされなくなったため、この機能は有効にできません。リアルタイムの動作を維持しているかどうかをチェックする必要があるアプリケーションでは、2つのオプションが利用できます。最も厳密なチェックを行いたい場合は、「次のサンプルクロックまで待機」関数/VIを使用してください。この関数/VIの詳細については、『LabVIEWヘルプ』または『NI-DAQmx C Function Reference Help』などのAPIリファレンスヘルプを参照してください。アプリケーションにアナログ入力サンプルを見過ごしたかどうかのみ確認したい場合は、アナログ入力タスクで見過ごしたサンプルを報告プロパティをTRUEに設定します。LabVIEWでは、見過ごしたサンプルを報告プロパティはリアルタイムプロパティノードにあります。詳細については、「次のサンプルクロックまで待機」関数/VIに関するドキュメントを参照することを推奨します。

デフォルトの重複カウント防止

NI-DAQmx 7.4でMシリーズおよびTIOベースカウンタの重複カウント防止属性/プロパティのデフォルト設定が変更されました。この変更により、シングルポイントエッジカウントと位置測定を除く入力カウンタ操作のすべてが影響されます。以下の条件が満たされる限り、重複カウント防止はデフォルトでONになります。

  1. 重複カウント防止属性/プロパティが明示的に設定されていない。
  2. 選択したカウンタタイムベースソースが内部タイムベースに設定されていない。
  3. プリスケール属性/プロパティが設定されていない。
  4. カウンタ出力イベントが構成されていない。

詳細については、『NI-DAQmxヘルプ』の「重複カウント防止」を参照してください。

既存の.NETプロジェクトでビルドエラーが発生する

.NET言語でNI-DAQmxを使用すると、既存プロジェクトの参照されていないアセンブリでビルドエラーが発生する可能性があります。このエラーを解消するには、プロジェクトにNationalInstruments.Commonアセンブリへのリファレンスを追加します。

NI-DAQmx 8.5での多チャンネルSCXI変換クロックのデフォルトレートの変更

NI-DAQmx 8.5のバージョンから、EシリーズまたはMシリーズデバイス(6ビットまたは18ビット)に接続されているSCXIシャーシ上で可能な最大チャンネル変換レートに20 µsの遅延が追加されています。サンプルレートにデフォルトレートよりも大きい変換クロックレートを必要とする高速レートが設定されている場合、測定確度が不正確である可能性があることをユーザに通知する警告200011が生成されます。ただし、これは警告であるため、使用される変換クロックはユーザによって設定されたサンプルクロックに必要なレートに基づきます(つまり、変換クロック = サンプルクロック * チャンネル数)。

トラックアンドホールド回路付きモジュールを含むSCXIシャーシでは、Eシリーズデバイス(12ビット)に接続されている場合、パッディングの10 µsが最大変換レートに追加されました。

これらの変更により、精密なデータの集録が保証されます。ただし、この変更によるパフォーマンスへの影響が大きい場合(たとえば、制御ループでハードウェアタイミングのシングルポイントを使用するRTシステムなど)、デフォルトレートを無視するよう変換クロックレートの属性を明示的に設定することができます。

この変更は多チャンネル集録のみに影響します。

NI-DAQmx 8.5以前のバージョンでは、任意のDAQデバイスに接続されたトラックアンドホールド付きモジュールを含まないSCXIシャーシ上で可能な最大のチャンネル変換レートに10 µsのみの遅延が追加されました。これらのNI-DAQmx 8.5以前のバージョンでは、デフォルトで選択されているレートよりも速い変換クロックがサンプルレートに必要になった際、警告は生成されませんでした。トラックアンドホールド付きモジュールを含むSCXIシャーシがある場合、選択された変換クロックレートはDAQデバイスで処理可能な最大333 kHzの高速なレートになります。

NI PCI-6704およびPXI-6704の電流出力確度

NI-DAQmx 8.3では、NI 6704の20 mA電流出力のスケールに使用するアルゴリズムが従来型NI-DAQ(レガシー)の動作と一致する方法に変換されます。旧バージョンのNI-DAQmxドライバでは、後者の方法が使用されます。

この変更により、NI-DAQmxで電流を出力するようにNI 6704がプログラムされている場合、NI-DAQmx 8.3ではNI 6704の実際の電流レベルは旧バージョンのNI-DAQmxよりも10 µA高くなります。NI-DAQmx 8.3を使用した場合の実際の電流出力は、従来型NI-DAQ(レガシー)ドライバと同じです。この変更はNI 6704の電圧出力に影響しません。

この変更のため、NI-DAQmx 8.3(またはそれ以降)のドライバでデバイスを使用する前に、NI-DAQmx 8.3(またはそれ以降)でNI 6704デバイスを外部キャリブレートすることを推奨します。NI-DAQmx 8.3と出荷されるNI 6704デバイスは、NI-DAQmx 8.3でキャリブレート済みです。その他のNI 6704デバイスについては、ni.com/calibration(英語)で利用可能な手動のキャリブレーション手順を参照してください。

USB-9xxxデバイス

NI-DAQmxをアップグレードした後、USB-9xxxの電源を抜いて、もう一度電源を差し込むか、もしくはUSBデバイスの電源をオフ/オフに切り替えてください。USB-9xxxがUSBハブに接続されている場合は、コンピュータではなく、ハブからUSB-9xxxの接続を切ってください。USBデバイスから電源を解除することによって、インストールされているデバイスが適切なバージョンのファームウェアをロードします。

USB-9233/9237用の仮想TEDSデータ

仮想TEDSで構成されたUSB-9233/9237チャンネルにハードウェアTEDSを接続する場合、NI-DAQmx 8.6以降にアップグレードした後、仮想TEDSはハードウェアTEDSデータに置換されます。

NI-DAQmx 9.3のソフトウェアサポート

オペレーティングシステムのサポート

NI-DAQmx 9.3では、以下のオペレーティングシステムがサポートされます。

OS特定デバイスのサポートに関する情報は、ni.com/support/daq/versions(英語)を参照してください。

メモ  Windows Server 2003 R2のサポートには、物理アドレス拡張(PAE)を無効にする必要があります。これにより、Windows Server 2003が受ける影響および必要な対策については、ni.com/jp/infoでInfo Codeにjpfrqn と入力してください。

注意  Microsoft Windowsの以前のバージョンからMicrosoft Windows Vistaにアップグレードする予定がある場合、アップグレードを実行する前にNational Instrumentsソフトウェアをアンインストールする必要があります。アップグレードが完了したら、National Instrumentsソフトウェアを再インストールすることができます。

NI-DAQmx 9.3では、LabVIEW Real-Timeモジュール8.5以降を使用する場合にのみPhar Lapがサポートされます。

Windows 2000のユーザは、NI-DAQmx 9.1.1以前のバージョンを使用してください。

その他のオペレーティングシステムをサポートする以前のバージョンのNI-DAQmxを検索、ダウンロードする方法については、ni.com/jp/downloadsを参照してください。

NI-DAQmxは、Windows 7/Vista/XPでのゲストアカウントをサポートしません。これらのOSでNI-DAQmxを使用するには、管理者またはユーザアカウントにログインする必要があります。

NIアプリケーションソフトウェアのサポート

以下の表には、NI-DAQmxでサポートされているNIアプリケーションソフトウェアのバージョンがリストされています。NIアプリケーションソフトウェアを使用していない場合は、「Microsoft Visual Studioのサポート」を参照してください。

NI-DAQmx 8.6以前では、Visual Studio 2005プロジェクトに新しい項目として追加するDAQ Componentは、Measurement Studioフォルダと、Visual Basic ItemsフォルダまたはVisual C# Project Itemsフォルダの両方に配置されていました。NI-DAQmx 8.7以降では、DAQ ComponentはNI-DAQ Componentという名前になり、Visual Basic ItemsフォルダまたはVisual C# Project Itemsフォルダのどちらかにのみ配置されます。

NIアプリケーションソフトウェア NI-DAQmxおよびDAQアシスタントがサポートされるバージョン
LabVIEW 8.5.x、8.6.x、2009、2010
LabVIEW Real‐Timeモジュール 8.5.x以降(2009以降を含む)
LabWindows/CVI 8.1以降(2009以降を含む)
LabWindows/CVI Real-Timeモジュール 8.1以降(2009以降を含む)
Measurement Studio 8.1以降(2009以降を含む)
LabVIEW SignalExpress 2.x以降(2009以降を含む)

Measurement Studioのサンプル

Measurement Studioのサンプルがインストールされるディレクトリは、インストールされるコンポーネント、サンプルがサポートするVisual Studioまたは.NET Frameworkのバージョン、インストールされるMeasurement Studioのバージョン、およびオペレーティングシステムによって異なります。Measurement Studioのサンプルの詳細は、『NI Measurement Studio Help』の「Where To Find Examples」を参照してください。

Microsoft Visual Studioのサポート

以下の表には、NI-DAQmxでサポートされているプログラミング言語およびMicrosoft Visual Studioのバージョンがリストされています。

プログラミング言語 NI-DAQmxでサポートされているVisual Studioのバージョン
ANSI C 2003、2005、2008、2010
Visual C++ MFC1 20052および20083
.NET Framework 2.0言語
(C#およびVisual Basic.NET)
2005
.NET Framework 3.5言語
(C#およびVisual Basic.NET)
2008
.NET Framework 4.0言語
(C#およびVisual Basic.NET)
20104
Visual Basic 61 6
1 NI-DAQmxでは、Visual Basic 6とVisual Studio C++ MFCが一部サポートされています。詳細はni.com/jp/infoでInfo Codeに「daqmxvstudioと入力してください。
2 Measurement Studio 8.0.1〜Measurement Studio 2009が必要です。
3 Measurement Studio 8.6〜Measurement Studio 2009が必要です。
4 Windows XPの場合、サービスパック3以降が必要です。

NI-DAQmxの初期バージョンでは、その他のアプリケーションソフトウェアおよび言語バージョンがサポートされています。ドライバの初期バージョンを検索およびダウンロードするには、ni.com/jp/downloadsを参照してください。

DAQmx .NET Libraryを使用する場合は、.NET 2.0 Framework、.NET 3.5 Framework、または.NET 4.0 Frameworkが必要です。

NI-DAQmx 9.2は、Visual C++ MFC 2005および2008のすべての機能をサポートする最新リリースです。

.NET Framework 1.1またはVisual C++ MFC 2003を使用する場合は、NI-DAQmx 9.1.5以前を使用する必要があります。NI-DAQmx 9.1.5以前からのアップグレード時の注意点など、.NET Framework 1.1またはVisual C++ MFC 2003のNI-DAQmxサポートの詳細を参照するには、ni.com/jp/infoでInfo Codeにex6rzdと入力してください。

NI-DAQmxでのデバイスサポート

以下の表は、NI-DAQmxでサポートされているデバイスのリストです。デバイスのサポートは、以下のカテゴリに分類されます。

OS特定デバイスのサポートに関する情報は、ni.com/support/daq/versions(英語)を参照してください。

MXI-3およびMXI-4のOS特定のサポート情報については、ni.com/kbにアクセスして、技術サポートデータベースの45MA9LF7を検索してください。

NI-DAQmxでサポートされるデバイス

以下の表は、NI-DAQmxでサポートされているデバイスのリストです。デバイスのサポートは、以下のカテゴリに分類されます。

メモ  以下の表では、NI-DAQmxでサポートされているデバイスには✓が付けられ、存在しないデバイスまたはサポートされていないデバイスは空白、すでにサポートされなくなったデバイスには×が付けられています。

OS特定デバイスのサポートに関する情報は、ni.com/support/daq/versions(英語)を参照してください。

MXI-3およびMXI-4のOS特定のサポート情報については、ni.com/kbにアクセスして、技術サポートデータベースの45MA9LF7を検索してください。

XシリーズDAQ

以下のXシリーズDAQデバイスがサポートされています。

デバイス PCIe PXIe USB
NI 6320
NI 6321
NI 6323
NI 6341
NI 6343
NI 6351
NI 6353
NI 6356
NI 6358
NI 6361
NI 6363
NI 6366
NI 6368

MシリーズDAQ

以下のMシリーズDAQデバイスがサポートされています。

デバイス PCI PCIe PXI PXIe USB
NI 6210/11/12/15/16/18
NI 6220
NI 6221
NI 6224
NI 62251
NI 6229
NI 6230/32/33/36/38/39
NI 6250
NI 6251
NI 6254
NI 62551
NI 6259
NI 6280
NI 6281
NI 6284
NI 6289
1USBバージョンには、NI-DAQmxシミュレーションデバイス機能がありません。

EシリーズDAQ

以下のEシリーズDAQデバイスがサポートされています。

デバイス PCMCIA PCI PXI
NI 6023E
NI 6024E
NI 6025E
NI 6030E
NI 6031E
NI 6032E/33E/34E/35E
NI 6036E
NI 6040E
NI 6052E
NI 6062E
NI 6070E
NI 6071E
NI PCI-MIO-16E-1
NI PCI-MIO-16E-4
NI PCI-MIO-16XE-10 X
NI PCI-MIO-16XE-50 X

SシリーズDAQ

以下のSシリーズDAQデバイスがサポートされています。

デバイス PCI PXI PXIe
NI 6110
NI 6111
NI 6115
NI 6120
NI 6122
NI 6123
NI 6124
NI 6132
NI 6133
NI 6143
NI 6154

SC Express

以下のSC Expressデバイスがサポートされています。

デバイス PXIe
NI 4300
NI 4330
NI 4331
NI 4353

Cシリーズ、ネットワークDAQ、USB DAQ

以下のCシリーズ、ネットワークDAQ、USB DAQデバイスがサポートされています。

デバイス CompactDAQ シャーシ1 従来型シャーシとキャリア
NI ENET/WLS-9163 NI USB-9162 NI cDAQ-9172
NI 9201
NI 9203
NI 9205
NI 9206
NI 9207
NI 9208
NI 9211
NI 9,211A
NI 9213
NI 9214
NI 9215
NI 9,215A
NI 9217
NI 9219
NI 9221
NI 9222
NI 9223
NI 9225
NI 9227
NI 9229
NI 9233
NI 9234
NI 9,234B
NI 9235
NI 9236
NI 9237
NI 9239
NI 9263
NI 9264
NI 9265
NI 9269
NI 9401
NI 9402
NI 9403
NI 9411
NI 9421
NI 9422
NI 9423
NI 9425
NI 9426
NI 9435
NI 9472
NI 9474
NI 9475
NI 9476
NI 9477
NI 9478
NI 9481
NI 9485
1NI cDAQ-9172は含まれません。

CompactDAQシャーシ

以下のCompactDAQシャーシがサポートされています。

デバイス CompactDAQ シャーシ
NI cDAQ-9171
NI cDAQ-9172
NI cDAQ-9174
NI cDAQ-9178
NI cDAQ-9181
NI cDAQ-9188

AOシリーズ

以下のAOシリーズデバイスがサポートされています。

デバイス DAQCard PCI PXI
NI 6703
NI 6704
NI 6711
NI 6713
NI 6715
NI 6722
NI 6723
NI 6731
NI 6733

デジタルI/O

以下のデジタルI/Oデバイスがサポートされています。

デバイス DAQCard PCI PCIe PXI PXIe USB
NI 65011
NI 6503
NI 6508
NI 6509
NI 6510
NI 6511
NI 6512
NI 6513
NI 6514
NI 6515
NI 6516
NI 6517
NI 6518
NI 6519
NI 6520
NI 6521
NI 6525
NI 6527
NI 6528
NI 6529
NI 6533 X
NI 6534
NI 6535
NI 6536
NI 6537
NI DIO-24
NI DIO-32HS
NI DIO-96
1NI-DAQmxシミュレーションデバイス機能はありません。

TIOシリーズ

以下のTIOシリーズデバイスがサポートされています。

デバイス PCI PXI
NI 6601
NI 6602
NI 6608
NI 6624

ダイナミック信号アナライザ(DSA)

以下のDSAデバイスがサポートされています。

デバイス PCI PXI PXIe USB
NI 4431
NI 4432
NI 4461
NI 4462
NI 4472/B
NI 4474
NI 4492
NI 4495
NI 4496
NI 4497
NI 4498
NI 4499

SC シリーズDAQ

以下のSCシリーズDAQデバイスがサポートされています。

デバイス PXI
NI 4200
NI 4204
NI 4220
NI 4224

スイッチ

以下のスイッチがサポートされています。

デバイス PCI PXI PXIe
NI 4021
NI 2501
NI 2503
NI 2510
NI 2512
NI 2514
NI 2515
NI 2527
NI 2529
NI 2530
NI 2531
NI 2532
NI 2533
NI 2534
NI 2535
NI 2536
NI 2545
NI 2546
NI 2547
NI 2548
NI 2549
NI 2554
NI 2555
NI 2556
NI 2557
NI 2558
NI 2559
NI 2564
NI 2565
NI 2566
NI 2567
NI 2568
NI 2569
NI 2570
NI 2571
NI 2575
NI 2576
NI 2584
NI 2585
NI 2586
NI 2590
NI 2591
NI 2593
NI 2594
NI 2595
NI 2596
NI 2597
NI 2598
NI 2599
NI 2800
NI 2810
NI 2811
NI 2815
NI 2816

SCXIシャーシ

以下のSCXIシャーシがサポートされています。

デバイス PXI SCXI
NI 1010
NI 1011
NI SCXI-1000/DC
NI SCXI-1001

SCXIモジュール

以下のSCXIモジュールがサポートされています。

TEDSインタフェース

以下のTEDSデバイスがサポートされています。

アカデミックデバイス

以下のアカデミックデバイスがサポートされています。

従来型DAQデバイス

以下の従来型DAQデバイスがサポートされています。NI-DAQmxシミュレーションデバイス機能はありません。

デバイス DAQPad PCI USB
NI DAQPad-6015
NI DAQPad-6016
NI PCI-6013
NI PCI-6014
SensorDAQ

低コストUSB

以下の低コストUSBデバイスがサポートされています。NI-DAQmxシミュレーションデバイス機能はありません。

デバイス USB
NI 6008
NI 6009
NI TC01

Windows 7/Vista上のNI-DAQmxでサポートされないデバイス

以下のデバイスは、Windows 7/Vista(32ビットおよび64ビットバージョン)上のNI-DAQmxではサポートされていません。

以下のデバイスは、Windows 7/Vista 32ビット上のNI-DAQmxでサポートされています。これらは、Windows 7/Vista 64ビットではサポートされていません。

システム要件

システム用途 RAM プロセッサ
開発 1 GB Pentium IV以降
デプロイメント 256 MB Pentium III/Celeron 600 MHz または同等のプロセッサ

通知

mDNSResponder通知は、NI-DAQmxと共にインストールされます。この通知は、デフォルトではProgram Files¥National Instruments¥Shared¥mDNS Responder¥mDNS Responder FOSS notices.docにインストールされます。

著作権

Copyright 2003-2011 National Instruments. All rights reserved.

著作権法に基づき、National Instruments Corporation(米国ナショナルインスツルメンツ社)の書面による事前の許可なく、本書のすべてまたは一部を写真複写、記録、情報検索システムへの保存、および翻訳を含め、電子的または機械的ないかなる形式によっても複製または転載することを禁止します。

National Instrumentsは他者の知的財産を尊重しており、お客様も同様の方針に従われますようお願いいたします。NIソフトウェアは著作権法その他知的財産権に関する法律により保護されています。NIソフトウェアを用いて他者に帰属するソフトウェアその他のマテリアルを複製することは、適用あるライセンスの条件その他の法的規制に従ってそのマテリアルを複製できる場合に限り可能であるものとします。

商標

CVI、LabVIEW、National Instruments、NI、ni.com、LabVIEW、National Instrumentsのコーポレートロゴ及びイーグルロゴは、National Instruments Corporationの商標です。その他のNational Instrumentsの商標については、ni.com/trademarksに掲載されている「Trademark Information」をご覧ください。

The mark LabWindows is used under a license from Microsoft Corporation. Windows is a registered trademark of Microsoft Corporation in the United States and other countries.

本文書中に記載されたその他の製品名および企業名は、それぞれの企業の商標または商号です。

特許情報

National Instrumentsの製品を保護する特許については、ソフトウェアで参照できる特許情報(ヘルプ→特許情報)、メディアに含まれているpatents.txtファイル、またはni.com/patentsからアクセスできるNational Instruments Patent Notice(英語)のうち、該当するリソースから参照してください。